育毛物語 ~自覚編~

25歳の夏、私は自分の髪に違和感を感じました。

しかしながら、
「仕事が激務過ぎて寝不足なんだ」
「きっと美容師のカットが下手だったんだ」
と、一時的な問題だと受け止めていました。

【初期対応】
ただ、念のために髪の健康に良い事をしようと思い、
超有名なサクセスシリーズを使い出しました。
サクセスシャンプーと育毛トニックです。
お手頃価格ですし、どこにでも売っているので良いですね。
シャンプーはとても洗い上がりがスッキリしますし、
メンソールのスゥーっとした感じが気持ちいいです。
シャンプー後にトニックをやると、
頭皮がジンジンしてきて最高に気持ち良いですね。
血行が良くなっているのが分かります。


この2つの効果があったのか、
最初の違和感を感じてから2年間くらいはあまり髪の事は気にならなくなりました。

【27歳の夏 自覚する】
あれは友人と海に行った帰りでした。
いきなり友人が
「最近、俺、髪やばいんだよね、、なんか頭皮が異様に赤い、、」
と言い出しました。
どれどれと、皆で友人の頭頂部を見ます。
彼の頭皮は確かに赤くなっていました。
まあ、「海帰りだからだろ!」と皆で笑っていると、
彼が「これ普段の頭頂部の写真」と一枚の写メを見せてくれました。
確かに赤い、、、しかも旋毛がちと大きいような、、、

それから私は家に帰り、恐る恐る自分の頭頂部を携帯で撮影しました。
それを見てみると、光の当たり方かもしれませんが、
異様に旋毛がデカイ頭頂部が写っております。

「あれ??俺の旋毛ってこんなにでかいのか?10円ハゲみたい、、」
ヤバイ、、、キテル、、、

これが私が始めて初期ハゲを自覚した時でした。
2年前に感じた違和感は一時的なものではなかったのです。
この頭頂部撮影をきっかけに、
私の育毛物語が本格的にスタートします。