【卒業ソング特集】卒業シーズンに聴きたい泣ける最高の名曲

別れと旅たちの季節である卒業シーズン。不安、後悔、感謝、希望など、様々な想いを抱えながら過ごすことになる卒業シーズンにぜひ聴いていただきたい泣ける最高の名曲をまとめました。ぜひ友人や恋人と一緒に聴いたり、カラオケで歌ったりしてください。

【レミオロメン 3月9日】

メンバー3人の共通の友人の結婚式(2001年3月9日)を祝うために作られた楽曲だそうです。本来この楽曲は『結婚』を祝う歌であって、『卒業』を祝う楽曲ではないらしいですが、歌詞の内容から卒業ソングとしても人気です。テーマは感謝ですね。

 

【steady&Co.春夏秋冬】

DragonAshやLIPSLYMEのメンバーが集まった伝説のユニット。アルバムは1枚しかリリースしておりませんが、名曲揃いの名作ですので、ぜひ一度聴いてみてください。この曲は男同士で歌うと最高に盛り上げる曲です。

 

【ゆず 嗚呼、青春の日々】

青春ソングの王様ゆずの名曲です。学生から社会人になりたての人にオススメです。歌詞にうるっとしてしまいます。

【スキマスイッチ 奏(かなで)】

切ないながらも前向きな歌詞とメロディーがグッときます。女性ウケもいい曲のようなので、ぜひ覚えてカラオケで歌ってください。

 

【スピッツ チェリー】

不器用な男子の初恋って感じがたまらない20年前の名曲ですね。「ズルしても真面目にも生きていける気がしたよ」は素晴らしい歌詞だと思います。

 

【スピッツ 楓】

とにかく切なく優しい歌詞とメロディー。超名曲です。別れの直後に聞いたら号泣必須ですね。

 

【ケツメイシ 仲間】

歌詞が最高に素晴らしいケツメイシの代表曲ですね。ぜひ男同士で大合唱してほしいです。

【ケツメイシ 友よ~この先もずっと~】

ケツメイシの最新アルバムに収録されており、クレヨンしんちゃんの映画のために書き下ろした曲です。PVのダチョウ倶楽部が最高です!

 

【ケツメイシ トモダチ】

ケツメイシを一気にスターダムにのし上げた大ヒット曲ですね。結婚式でも歌われる事の多い名曲です。当時まだ日本ではマイナー扱いだったJ-RAPをメジャーにしたのは彼らだと言っても過言ではありませんね。

 

【ケツメイシ 手紙】

これも男がグッとくる歌詞ですね。ケツメイシは本人達はすっとぼけた雰囲気をしてるのに、歌詞が熱いってのがいいですよね。

【ケツメイシ さくら】

とにかく売れまくったケツメイシの代表曲です。PVを見ながら聴くのがオススメです。5~6分間で見事に映画のようなストーリー展開を表現しております。そして鈴木えみさんが超可愛いです。

 

【FUNKY MONKEY BABYS 「あとひとつ」】

PVに楽天時代のマー君(田中将太さん)が出演されております。東北楽天イーグルスが日本一になる際に、田中投手登板中にスタジアムの観客が大合唱したのは感動しましたね。

 

【アンジェラ・アキ 「手紙~拝啓 十五の君へ~」】

自分自身が15歳の時に自分宛に書いた手紙が、30歳の誕生日に母親から届いたことをきっかけに作られた曲だそうです。優しく前向きな歌詞とメロディーに癒されます。

【アンジェラ・アキ サクラ色】

とても綺麗な声とメロディーで癒してくれます。ちょっと大人向けの卒業ソングですね。

 

【コブクロ 蕾】

フジテレビ系ドラマ『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』の主題歌として書き下ろされた名曲です。レコード大賞受賞時に小渕さんは「亡くなった母親が一緒に歌っていてくれていたと思う」とコメントし、会場の涙を誘いました。

 

【コブクロ 桜】

いわずもがなですね。皆で大合唱しましょう。

 

【森山直太郎 さくら】

これもいわずもがなですね。皆さんで大合唱してください。

 

【SMAP 世界にひとつだけの花】

卒業ソングというわけではないのかも知れませんが、外すわけにはいきませんでした。改めて聴いても素晴らしい曲ですね。

いかがでしたでしょうか。やや古い選曲になってしまったかも知れませんが、何卒お許しください。この先何年も愛され続けていくであろう名曲ですので、ぜひ覚えてくださいね。